『映画研究』投稿規定

  1. 投稿資格:日本映画学会会員であること。共著の場合は著者全員が会員であること。
  2. 内容:映画に関わる未刊行の研究論文。
  3. 執筆言語:日本語または英語。
  4. 投稿数:原則として、毎年度、会員1名につき1論文。共同執筆の論文もこれに含める。
  5. 投稿締切:毎年7月7日(必着)。
  6. 採否の審査:編集委員会が審査を行う。審査は執筆者の氏名が伏せられた状態の匿名審査で行う。また、必要に応じて、委員会の構成員以外が審査に加わることもある。
  7. 採否の通知:9月初旬頃とする。なお審査結果に修正要求が含まれている場合にはそれに従って修正を行うこと。修正後も分量などについて厳密に書式規定通りとすること。
  8. 送付するファイル:別途示す書式規定に則った投稿論文ファイルとカバーレター(添え手紙)ファイルの2ファイルを下記送付先まで電子メールの添付ファイルとして送付すること。また件名は「投稿論文」とすること。
    1. 投稿論文ファイル(タイトルのみで氏名は書かないこと)。
    2. カバーレターファイル(論文のタイトル、氏名[ふりがなつき]、略歴、所属、連絡用住所、電話・ファックス番号、電子メールアドレスを明記したもの)。
  9. 送付先: japansocietyforcinemastudies(atmark)yahoo.co.jp [(atmark)の箇所に@を代入してお送り下さい。]
  10. 送付確認:提出後3日以内に受領確認メールを送付する。確認メールが届かない場合は、論文未着の可能性があるので、必ず再送信すること。
  11. 電子化:日本映画学会は掲載論文を電子化して学会ウェブ・サイト上などで公開する権利を有するものとする。 
  12. ネイティヴ・チェック: 母語(第一言語)でない言語で執筆した場合は必ずネイティヴ・チェックを受けた上で提出すること。
  13. 印刷費用: 原則として学会がすべて負担するが、カラー印刷、多くの写真・図版などに必要な超過経費および抜き刷り経費については投稿者の負担とする(ただし抜き刷りが不要な投稿者はこの限りではない)。

    2017年3月18日 日本映画学会常任理事会承認/2017年4月1日 発効

  • Call for Submissions (Auxiliary Explanation in English)
    • The Japan Society for Cinema Studies welcomes English essays in film studies. Only registered members may submit articles to its journal, Cinema Studies. A member can submit one article for each issue. Articles are restricted to unpublished work.
    • Authors should submit two MS-Word files of their article and curriculum vitae by July 7. Please consult MLA Handbook, 8th edition (2016). The Word prescribed form is 32 letters × 33 lines on one side of “A4 ” or “8 1/2×11 ” paper. Use parenthetical references with endnotes and a list of Works Cited. The length of articles should be less than 10,000 words, including stills, charts and the like (each counted as 50 words). In addition to the MLA rules, manuscripts must include an abstract of approximately 200 words and approximately 5 key words or terms. The running time of the film discussed by the text must be also shown.
    • Submissions will be sent to the following e-mail address by July 7: japansocietyforcinemastudies< atmark >yahoo.co.jp (use @ instead of < atmark >). The Editorial Board will make the final decisions on which papers will be published. Authors’ names will not be made known to the Editorial Board while submissions are under consideration. For this reason, names may not appear on manuscripts; instead, the curriculum vitae should have a cover sheet with the author's name, address, current position, email address, telephone & fax number. Authors will be notified of the Board’s decisions around the beginning of September. After an essay is accepted for publication, we will ask for a final draft file. 

『映画研究』投稿規定PDF

カバーレターフォーム