●第1回全国大会(2005年)プログラム

  • 開催日:2005年12月4日(日)
  • 大会会場:京都大学総合人間学部棟地階視聴覚講義室
  • 総合司会:田代 真(国士舘大学助教授)
  • 13:00‐13:10 呼びかけ人代表挨拶(開会宣言ならびに学会趣旨説明)
  • 13:10‐13:45 研究発表 森村麻紀「初期映画における身体表象」(日本学術振興会特別研究員PD)
        • 司会 松田英男(京都大学大学院助教授)
  • 13:45‐14:20 研究発表 佐野明子「あるアニメーション映画作家の変遷 ― 大藤信郎の場合」(大阪大学大学院博士後期課程)
        • 司会 田中雄次(熊本大学教授)
  • 14:20‐14:30 休憩
  • 14:30‐14:50 参考映画上映『フィルム』(サミュエル・ベケット原作、アラン・シュナイダー演出、バスター・キートン主演、1965年)
  • 14:50‐15:40 講演 加藤幹郎(京都大学大学院人間・環境学研究科)「映画館と観客の文化史」
  • 14:40‐15:45 休憩
  • 15:45‐16:35 報告 藤田修平(慶應義塾大学環境情報学部/映画監督)「映画と地域性 ― 台湾で映画を撮ること」
  • 16:35‐17:15 講演 堀 潤之(関西大学文学部)「救済の歴史叙述 ― ゴダールの『アワーミュージック』をめぐって」
  • 17:15‐17:35 総会
  • 17:35‐17:40 閉会宣言
  • 17:50‐19:50 懇親会(会費:3800円/会場:生協吉田食堂2階特別室)